返済していくうえで大事なポイント

おまとめローンの最大の目的は、返済金額を減額して返済を少しでも楽にし、借金完済を目指すことにあります。そのため、返済方式や返済金額、繰り上げ返済が可能かなど、返済に関連した情報を調べるのも重要なことです。おまとめローンは自力で返済できる、信用情報に記録されない最後の方法です。ここでつまづいてしまうと、あとは債務整理に頼ることになってしまいます。どうすれば、うまく返済していけるでしょうか?

おまとめローンおすすめ申し込み前にすることは、自分の経済状況の把握です。収入と支出を調べ、赤字になっている部分や節約できる部分を調べます。これで返済に回すお金を少しでも増やすのです。次にそれぞれの借入状況を確認します。どこからいくら借りているか、設定されている金利、返済額と返済方式などを調べます。4社以上から借りている場合は、おまとめローンに通りにくくなることを踏まえ、今の時点で完済しやすいものを選び、節約できたお金を繰上げ返済に回すなどして借入件数を減らせるようにすると良いでしょう。

自分の状況が確認・整理できたら、利用しようとしているおまとめローンの情報を集め、返済プランを立てます。金利、返済方式、返済金額、返済期間、繰り上げ返済や一括返済とそれぞれの手数料の有無などです。金利がどれだけ抑えられるかは、審査結果がでるまで分かりませんが、各金融会社のホームページにある金利表を見て、まとめたときの総額に対応する最高金利を当てはめて考えましょう。大抵の場合はそれなりに利息が減るはずです。しかしここで喜んではいけません。返済方式、月々の返済金額、返済期間の確認をし、今よりも総返済額が増えないかを見てみましょう。金利が減っても返済期間が長くなると利息が増えてしまい、まとめる意味がなくなります。ただし、期間が長くても繰上げ返済があれば短縮できるので、それを踏まえて返済プランを立てることができるでしょう。

返済方式は、月々の元金分に利息を上乗せしたタイプの物を選ぶと早く返済できます。固定された返済金額の中に利息分の支払いも含まれているリボルビング払いのような方式だと元金がなかなか減らないので、返済期間が長くなります。しかし、リボルビング払いのような方式だと、月々の返済額を押さえられることが多いので、総返済額よりも毎月の支払いを軽くしたいという方はこちらでも良いかもしれません。

返済プランを立てたら、あとはそれに沿ってきちんと返済していくだけです。ときおり、収入と支出の確認をして、無駄な出費がないか、返済に回せそうなお金はないかを調べ、無理のない範囲で繰り上げ返済を行なって返済期間を短縮すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。